『南国ホテル』(千葉県南房総)の温泉分析書

千葉県南房総にある伊東園ホテルグループ『南国ホテル』の温泉分析書です。

南国ホテル 朝焼け

南国ホテル 大浴場

『南国ホテル』の温泉分析書

南国ホテルの温泉は、メタケイ酸の項で温泉に該当すると記載されています。

南国ホテル 温泉分析書

南国ホテル 温泉分析書

温泉分析書の内容を要約すると、次のようになります。

源泉名 白浜南国温泉
源泉温度 17.8℃
湧出量 50L/分
pH 9.04
泉質 単純泉*
(アルカリ性冷鉱泉)
溶存物質
(ガス性のものを除く)
600mg/kg
加水の有無
加温の有無
(源泉温度が低いため)
循環・ろ過の有無
(温泉資源の保護、温度調整、衛生管理のため)
入浴剤の有無
消毒の有無
(衛生管理のため塩素系薬剤を使用)

*メタケイ酸が68.3mgと規定値の50mgを上回っているため、温泉に該当します。

単純温泉とは

含有成分の量が一定値に達していない温泉のことです。

単純温泉 源泉温度が25℃以上
塩化物泉 塩類泉
溶存物質(ガス性のものを除く)が1,000mg/kg以上
炭酸水素塩泉
硫酸塩泉
二酸化炭素泉 特殊成分を含む療養泉
含鉄泉
硫黄泉
酸性泉
放射能泉
含よう素泉

アルカリ性とは

水素イオン濃度による分類で、以下のように定義されています。

アルカリ性 美肌効果あり pH8.5以上
(pH10.0以上は強アルカリ性)
弱アルカリ性 pH7.5~8.5
中性 pH6.0~7.5
弱酸性 殺菌効果あり pH3.0~6.0
酸性 pH2.0~3.0
(pH2.0未満は強酸性)

冷鉱泉とは

温泉は湧出地(源泉)での泉温により次の4つに分類されています。

高温泉 42℃以上
温泉 34~42℃
低温泉 25~34℃
冷鉱泉 25℃未満

この温泉特有の効能

温泉分析書が古いので、単純温泉特有の効能は「なし」となっていますが、平成26年に温泉の適応症が見直され単純温泉の効能として、自律神経不安定症、不眠症、うつ状態が認められました。

南国ホテル公式サイト

Follow me!