万座プリンスホテル(群馬)の温泉分析書

万座温泉(群馬)の「万座プリンスホテル」の温泉分析書です。

温泉分析書の記載内容

源泉温度 62.0℃
湧出量 測定不能
pH 2.1
泉質 酸性・含硫黄ーナトリウム・マグネシウムー硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)
(低調性・酸性・高温泉)
溶存物質
(ガス性のものを除く)
2,008mg/kg
加水の有無 有り

(源泉温度が高いため)

加温の有無 無し
循環の有無 無し
ろ過の有無 無し
入浴剤の有無 無し
消毒の有無 無し

酸性・含硫黄ーナトリウム・マグネシウムー硫酸塩・塩化物温泉(硫化水素型)とは

酸性泉、硫黄泉(硫化水素型)、硫酸塩泉、塩化物泉の泉質を併せ持つ多様な温泉です。

単純温泉 源泉温度が25℃以上
塩化物泉 塩類泉
溶存物質(ガス性のものを除く)が1,000mg/kg以上
炭酸水素塩泉
硫酸塩泉
二酸化炭素泉 特殊成分を含む療養泉
含鉄泉
硫黄泉
酸性泉
放射能泉
含よう素泉

酸性とは

水素イオン濃度による分類で、以下のように定義されています。

アルカリ性 美肌効果あり pH8.5以上
(pH10.0以上は強アルカリ性)
弱アルカリ性 pH7.5~8.5
中性 pH6.0~7.5
弱酸性 殺菌効果あり pH3.0~6.0
酸性 pH2.0~3.0
(pH2.0未満は強酸性)

高温泉とは

温泉は湧出地(源泉)での泉温により次の4つに分類されます。

高温泉 42℃以上
温泉 34~42℃
低温泉 25~34℃
冷鉱泉 25℃未満

Follow me!