泉質の特徴

文字通りPH値が低く、酸性度の高い温泉です。

この泉質の温泉は、ほとんどが無色または微黄褐色で酸味があります。

抗菌力があるため、白癬(はくせん)症、トリコモナス膣炎、疥癬(かいせん)などに効果があり、飲用では低酸・無酸症や低色素性貧血症などに利用されます。

なお、酸性泉は刺激が強いため、病弱者、高齢者および皮膚の弱い人などは注意が必要です。

体に強く作用するので、入浴すると肌がしみ、肌の弱い人は湯ただれを起こすことがあります。

泉質別適応症

  • 浴用:アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、耐糖能異常(糖尿病)、表皮化膿症
  • 飲用:慢性消火器病

代表的な温泉地

青森県 酸ヶ湯温泉
嶽温泉
秋田県 玉川温泉
後生掛温泉
山形県 蔵王温泉
福島県 岳温泉
新潟県 蓮華温泉
群馬県 草津温泉
万座温泉
大分県 明礬温泉