温泉には、温泉法で定めれた定義があります。

(定義)
第二条  この法律で「温泉」とは、地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、別表に掲げる温度又は物質を有するものをいう。

海水や海そのものは、「地中からゆう出しているもの」ではないため、温泉ではありません。

しかし、海水は温泉の塩化物泉に相当する成分を持ち、しかも塩化物泉という泉質名がつく規定値の35倍ほどの濃さがあるので、温泉のような高い効果がある」と言えます。

温泉法の第二条の別表に掲げる温度または物質を有するものとは、以下の通りです。

*温泉とは「温度」または「成分」のどちらかが規定を満たしていれば良いことになり、冷たくても温泉、成分が含まれていなくても温泉になり得ます。

  • 温度(温泉源から採取されるときの温度)
    25℃以上
  • 物質名と含有量(1kg中)
    物質名 含有量(1kg中)
    溶存物質(ガス性のものを除く。)  総量1,000mg以上
    遊離二酸化炭素(遊離炭酸) 250mg以上
    リチウムイオン 1mg以上
    ストロンチウムイオン 10mg以上
    バリウムイオン 5mg以上
    総鉄イオン  10mg以上
    マンガンイオン
    (第一マンガンイオン)
    10mg以上
    水素イオン  1mg以上
    臭化物イオン  5mg以上
    よう化物イオン   1mg以上
    ふつ化物イオン  2mg以上
    ひ酸水素イオン
    (ヒドロひ酸イオン)
     1.3mg以上
    メタ亜ひ酸   1mg以上
    総硫黄   1mg以上
    メタほう酸  5mg以上
    メタけい酸  50mg以上
    炭酸水素ナトリウム
    (重炭酸そうだ)
     340mg以上
    ラドン  74Bq以上
    (5.5マッヘ以上)
    ラヂウム塩