温泉に泉質名が付き、「適応症」が認められるためには、「療養泉」としての基準を満たさなければなりません。

「療養泉」の基準は、鉱泉分析法指針で、以下の通り定められています。

  • 源泉温度が25℃以上であること

または

  • 「溶存物質の総量」「総硫黄」「二酸化炭素(遊離炭素)」など含有成分に関する7つの特定の条件のうち1つ以上規定値に達しているもの
物質名 含有量
(1kg中)
参考:
温泉法の規定
溶存物質
(ガス性のものを除く)
 総量1,000mg以上 総量1,000mg以上
遊離二酸化炭素
(遊離炭酸)
1,000mg以上 250mg以上
リチウムイオン 1mg以上
ストロンチウムイオン 10mg以上
バリウムイオン 5mg以上
総鉄イオン 20mg以上 10mg以上
マンガンイオン
(第一マンガンイオン)
10mg以上
水素イオン 1mg以上 1mg以上
臭化物イオン 5mg以上
よう化物イオン  10mg以上  1mg以上
ふつ化物イオン 2mg以上
ひ酸水素イオン
(ヒドロひ酸イオン)
1.3mg以上
メタ亜ひ酸  1mg以上
総硫黄  2mg以上  1mg以上
メタほう酸  ー 5mg以上
 メタけい酸 50mg以上
炭酸水素ナトリウム
(重炭酸ソーダ)
340mg以上
 ラドン  111Bq以上
(8.25マッヘ以上)
74Bq以上
(5.5マッヘ以上)
ラヂウム塩 記載不能

例えば、総硫黄が温泉1Kg中に1mg以上含有されていれば「温泉」ですが、それだけでは泉質名がつかず、2mg以上含有されていれば「療養泉」と認められ「硫黄泉」となります。